フリーローンの借り換えで今よりも金利が安くなる

カードローンは使用用途自由のフリーローン

車や住宅ローンと違い、借りたお金の使用目的が決められていないフリーローン。
様々な用途に使えて、手軽にローンが組めるので、非常に力強い味方だと思います。

例えば、急にお金が必要になったときでも即日融資があればすぐにお金を借りることが可能。
フリーローン利用者の様々な要望に叶うサービスもたくさんあります。

すでにフリーローンを利用されている方は多いと思いますが、もう一度ご自身の利用状況を振り返ってみることも必要です。

カードローンで借入するということは、借金だということなので、借りたお金を返さなければなりません。
そして、借りたお金に利子がつき、利子がついた分の金額を返済する必要があります。
当然、金利が高い金融機関で借り入れすれば、その分返済する金額は高くなります。

短期間で返済できるのであれば、金利はそれほど気になるものではないかもしれませんが、借り入れ期間が長くなるほど、返済の負担は大きくなっていくのです。


消費者金融での借り入れは金利が高い?

現在、消費者金融で借り入れをしている人は、金利が高いと感じたことはありませんか?

消費者金融は審査に通りやすいのではないかというイメージがあるためか、利用する人も多くなっていますが、金利は高めに設定されています。

もし、現在借りているフリーローンの利用条件よりももっと良い条件にして負担を軽減したいと考えているのであれば、フリーローンの借り換えを行いましょう。

借り換えは、高い金利で組んでいるローンを、低い金利のローンに組み直すというものなので、フリーローンの借り換えをすることによって今よりも金利が安くなるのです。


金利が安いのは銀行フリーローン

今、利用されているカードローンの金利はどれくらいでしょうか。

カードローンの上限金利は17%~18%台が多いのですが、それよりも低く借り入れできるカードローンもあります。
銀行などは14%台に抑えているところもありますし、なかには13%以下のところもあります。

この際に金利が安い銀行フリーローンに借り換えをしてみてはいかがでしょうか。


フリーローンのおまとめで複数社の借り換えをひとつに

複数の会社からお金を借りている場合、返済日や返済額もバラバラな場合も。
そんな複数のカードローンを利用されている人の借り換え方法として、おまとめローンという選択があります。
おまとめローンとは、借入れ先を1つにまとめるということです。

利用しているカードローンの金利はそれぞれ異なっていると思いますが、その平均金利はどれくらいになるか計算してみてください。
結構な%になってはいませんでしょうか?

そんな時は、それよりも低い金利のおまとめローンに切り替えれば、利息負担も軽減し、更に複数の返済日が一つになり、手間も省けます。

カードローンを上手に利用すれば、更に便利に生活を楽しむことができると思います。
一度ご自身のカードローン見直してみてくださいね。

おすすめの銀行系フリーローン

みずほ銀行

実質年率 3.0~7.0%(※)
利用限度額 最大限度額1000万円
融資 最短即日利用可能
審査スピード 原則即日
【専業主婦OK!】
来店や郵送が不要なWEB完結申し込みなら最短即日の利用が可能!
24時間いつでもお申込みOK!
※エグゼクティブプランの場合。みずほ銀行の住宅ローンに加入していない場合は金利3.5~7.5%
エグゼクティブプランとコンフォートプランは審査の結果によって自動的に振り分けられます。

住信SBIネット銀行カードローン

実質年率 0.99%~7.99%
利用限度額 最高1200万円まで
融資 最短即日利用も可能
審査スピード 最短60分
住信SBIの口座をお持ちの方は最短60分で審査から借り入れまでがスピーディー!
WEBから手続き可能で、300万円までの利用限度額なら収入証明原則不要!
便利なお試し診断も

新生銀行カードローン レイク

実質年率 4.5~18.0%
利用限度額 限度額500万円
融資 最短即日利用可能
審査スピード 画面上ですぐに結果表示
【専業主婦OK!】
レイクなら選べる2つの無利息ローン。
30日間全額無利息/180日間5万円まで無利息!
審査結果はオンラインでその場で確認できるので、お急ぎの方にもおすすめ!

困ったときにあなたの味方になってくれるフリーローン

p-1 お金が足らなくてどうしようという場面はいろんなところで起こるものですし、そういった経験はサラリーマンだけではなく主婦や学生などいろんな人に起こるものだと思います。
そのような時に大きな味方となってくれるのが、フリーローンです。


フリーローンとは

フリーローンとは言葉からもある程度想像できると思いますが、使用目的が自由であるローンサービスのことです。
使用目的が自由で、お金を融資してもらえるために、様々な人のお金のピンチに役に立つサービスであり、多くの人が利用しています。

フリーローンにはいろいろな種類があるので、それぞれの特徴を知って自分にあったフリーローンを選ぶことで、より良いサービスを受けることが出来ます。


銀行フリーローンなら安心して借り入れできる

今までフリーローンを利用したことがないという人は、どのような種類があって、どのような特徴があり、他のローンとはどのような点が異なるのかということはよくわからないという人が多いと思いますし、すでに利用している人のなかにもよくわかっていない人もいるのではないでしょうか。

せっかく便利なサービスがあるのに知らないことによって、それを使いこなすことができないというのは非常にもったいない話だと思います。

また、知らないまま利用してしまって、満足のいくサービスを受けることができないというのも非常にもったいない話だと思うので、せっかく利用するのであれば、しっかりとフリーローンについて正しい知識を持っておきたいところでしょう。

いろんな種類のフリーローンがありますが、そのなかでも多くの人が利用しているサービスの一つに銀行フリーローンがあります。
銀行フリーローンは金利が低めですし、安心感もあるので人気です。

銀行フリーローンの審査基準はどのようなものか

銀行フリーローンの審査基準は高め?

銀行フリーローンは一般的な消費者金融のローンサービスよりも低金利で、貸金業法の総量規制もないので比較的大きな金額を借り入れることができます。
ただし審査にかかる時間というのは長めで、無事に審査が通る基準というのも高めに設定されているといわれています。

これは低金利ということもあり、銀行としても申し込んだ方の債務の状況や現在の収入といったその後の返済能力の有無をより慎重に判断しなくてはならないからなのですが、金額によっては公共料金の支払い証明、収入を証明するような書類を提出することになるのです。

そういった証明書が必要になる金額は、銀行の場合高めに設定されているので、よっぽど大きい金額を借りるときでないと必要にならないでしょう。


銀行ごとにフリーローンの審査基準や特徴は違う

銀行フリーローンを扱う銀行では独自に審査する銀行もあれば、第3者の信用情報機関や信販会社に任せる場合もあり、これは同じ銀行内であっても複数ある銀行フリーローンごとに特徴や審査基準が違うことが関係しています。

基本的に収入が低い人よりも高い人の方が返済能力が高いと判断され、より大きな金額をより有利な条件で借り入れることができるのですが、しかし銀行によってはどんなに高い収入があったとしても、特定の地域に住んでいなければ利用することができない場合もあります。

この場合大抵においてその銀行フリーローンを扱う銀行の営業区域内であることがほとんどで、住んでいる場合でもその銀行の口座を所持していない場合取得する必要があり、ローン申し込み時に同時に申請することになるのです。

また銀行カードローンでは消費者金融のカードローンと同じように来店することなく手続きを終えて融資してもらえることが多いのです。
銀行フリーローンでは審査が通ったあとに来店して本人確認の書類を提出したり、本契約の書類を書き込んだりする必要はなく、それらの手続きをすべてWEBでも行えるのです。

そして銀行フリーローンは銀行から提供されるローンサービスということもありますから、すでにその銀行で各種ローンを組んでいたり、給与振り込みや公共料金の支払いに銀行口座を利用している場合では、金利が低くなるといったうれしいサービスを用意していることが多いのです。

銀行フリーローンは借り入れのリスクを減らせる

「カードローン(フリーローン)」を利用する際、よりリスクを少なく抑えるためのポイントとなるのが「金利設定が低い」ということです。

例えば、同じ100万円の借り入れをする場合であっても、金利が10%と20%のものでは返済の負担が大きく変わります。
具体的な金額で言えば、金利10%の方は10万円(年利)で済むのに対し、金利20%の方は20万円(年利)も必要になってしまいます。

この10万円という差は見た目上の違いだけでなく、「差額である10万円分の元金をより多く減少させることが出来る」という違いもあります。
ということは、その10万円分で減少する元金に対する利息を減らすことが出来るということになるため、実質的な支払い利息の差はさらに大きなものになります。

そういった意味で比較する場合、消費者金融系カードローンよりも銀行フリーローンの方が圧倒的に性能が勝っている状況が多くあります。


消費者金融系カードローンと銀行フリーローンを比較

全ての銀行フリーローンがそうであると言う訳ではありませんが、平均金利を比較する場合には消費者金融系カードローンが15~17%程度であるのに対し、銀行フリーローンは10~14%程度に収まります。
つまり、単純計算でも3%程度の違いがある為、その分だけ利用するメリットがあると考えることが出来ます。

しかし、それだけ条件が優れているということは、消費者金融系カードローンと比べて銀行フリーローンの方が審査に落ちるリスクが高いということになります。

通常、審査では「本人の年収や債務状況、過去の信用取引履歴など」が影響して結果が決まります。
仮に初めてカードローンを利用する人が「年収300万円、債務0円」という状況であり、尚且つ過去に利用した経験もないという状況であれば高い確率で融資が決定します。

しかし、年収が1000万円あっても直近で金融事故を起こしているような状況であれば、信用不足(リスキーである)ということで審査に落ちる可能性が高くなります。

このページの先頭へ